アコム審査甘い

\アコムで今すぐ借りるなら/

トップページ

アコムで一番早く確実に借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホでのネット申込が最短の借り方です。申込から借入まで最短20分で完了。最短でのご融資をご希望のお急ぎの方は必見です(本日中に借りるなら21時まで)。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

■アコムならすぐ借りれる?[PR]

アコムで一番早く借りるならスマホからWEB申込するのがおすすめです。

実はアコムで借りるにはメリットがこんなにたくさんあります。

  • 申込から借入まで最短20分で完了
  • 30日間金利0円サービス
  • 24時間土日祝日も申込可
  • スマホ申込で来店不要

・・・と、すぐにお金が必要な方に充実したサービスになっています。

「今月は生活費がやばめ…」
「飲み会に誘われたけどお金が…」
「冠婚葬祭で急に出費が…」

などなど、アコムはいろんな場面でのお金がないピンチを救ってくれます。それにアコムはなんといって審査の早さには定評があり、融資最短20分が可能となっています(※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます)。

初回の利用であれば30日間金利0円サービスの実施されていますので、短期間の借入だと銀行カードローンよりもお得に借りられます。

アコムは「安定した収入」があれば、パートやアルバイトの方も申込み可能です。収入のない無職の方や専業主婦の方は利用できませんので注意しましょう。

※本日中に借りるなら21時まで。
お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

今日お金に困ったら
\[PR]アコムカードローン/

<24時間365日申込OK!在籍確認なし>
評価限度額金利
★★★★★800万円まで3.0%~18.0%
  • 申込から借入まで最短20分で完了(本日中に借りるなら21時まで)
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 最大30日間無利息サービス(アコムでの契約が初めての方)
  • 24時間365日申込み受付中!
  • 原則、在籍確認なし!

【最短20分融資が可能!】
消費者金融の中でも審査のスピードに定評のあるアコム。融資まで最短20分が可能となっています。また、WEB申込みなら24時間365日受付中ですので、忙しくてなかなか窓口に行けない方にもおすすめです。

【30日間無利息サービス】
対象条件(公式より引用)
・アコムでのご契約がはじめてのお客さま
※当社が不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。
※無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります。

アコム借り方のまとめ

結論!カードローンの中でも審査が早くスピーディーに借りれるのがアコム。今日中にお金の必要な方や、はじめてカードローンを利用する方に選ばれています。WEB申込みなら24時間365日受付中ですので、お好きな時間に申込みできます。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しアコム社から委託を受け広告収益を得て運営しています

アコムの借り方Q&A

はじめてカードローンを利用する方は審査や手続きに不安を感じることでしょう。 「はじめての~アコム♪」というCMのフレーズでもお馴染みのアコムですが、 少しでも不安が解消できるように、こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にして下さいね。

Q.アコムの審査は勤務先に電話連絡ありますか?

A.いいえ、原則行われません。もし行われる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施されることはありません。

カードローン審査で一番不安に思うことは、勤務先への電話連絡。これは申込書に書かれた勤務先に本当に勤めているかの確認になります。

ほとんどの方はこのカードローン会社からの在籍確認の電話を避けたいと思っていますが、電話連絡なしで借りることはほぼできないでしょう。

ですが、アコムは原則として電話での在籍確認を行いません。行われる場合でも同意を得ずに電話をかけてくることはないため、安心して利用できます。

もし電話での在籍確認が行われる場合、担当者個人の名前で電話がかけられますので、勤務先にカードローンに申込みしていることがバレる心配はないでしょう。

また、申込者本人が電話口に出られなくても、勤めている確認さえとれればOKとなっています。

それでも心配でしょうがないという人であれば、勤務先にはクレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれないと伝えておけば、全く疑われることはないでしょう。

>> アコム公式サイトへ

Q.アコムの審査に落ちる理由って何ですか?

A.「安定した収入がない」「金融事故を起こしたことがある」方は審査落ちします。

アコムの申込み条件として「年齢が20才以上で安定した収入のある方」となっています。 まずはこれをクリアしなければ申込みはできません。審査基準の詳細は公開されていませんので分かりませんが、審査に通らない人の共通点として、

・金融事故を起こしている
・他社借入が多い(他社を含め年収の1/3以上の借入はできません)
・申込みの際、虚偽の申告をしている
・短期間に複数社申込みしている

などがあげられます。どれか1つでもあてはまれば審査に通るのは難しくなりますので注意しましょう。

>> アコム公式サイトへ

Q.アコムの審査に必要な書類はありますか?

A.本人確認書類と場合によっては収入証明書が必要になります。

以下のいずれかを準備しておいて下さい。

●本人確認書類
・運転免許証
・個人番号カード
・健康保険証

※顔写真がない場合や書類の住所と現住所が異なる場合、以下の書類も必要です。
・住民票
・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKのいずれか1つ)
・納税証明書

●収入証明書※
・源泉徴収票
・給与明細書(直近1ヶ月分)
・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)

※アコムでの利用限度額が50万円を超える場合
※アコムの利用限度額と他社借入の合計が100万円を超える場合
※すでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

に必要となります。

Q.アコムはどのような借入・返済方法になっていますか?

A.アコムATM、提携ATM、インターネット、振込、口座振替の5つから選らべます。

●アコムATM…24時間対応(一部異なる店舗あり)、手数料無料
●提携ATM …コンビニATMは24時間対応(一部異なる店舗あり)、手数料有料
●インターネット…24時間対応、手数料無料
●振込…手数料有料
●口座振替…手数料無料

上記の通り、返済方法によって手数料がかかってしまう場合があります。 数回の利用だったらいいかもしれませんが、頻繁に利用するのはもったいない気がします。 なるべく手数料のかからない方法で返済することをおすすめします。

>> アコム公式サイトへ

キャッシングのコラム

必要な時に、時間や曜日に制限なくお金を借りられるのがキャッシングの強みです。

消費者金融というのは休日や祝日などに関係なく、常に開いているからです。

年末年始を除いて、多くの業者が毎日午前9時から午後9時まで営業しています。

当然、借入申請にも対応しているので、休日にお金が必要になったとき、時間帯によっては、日を跨ぐことなくお金を借りられます。

急な出費の代表的なひとつが引っ越しです。

あらかじめ計画されていたものならご自分で家財道具の整理をしたり、貯金を貯めたりと心構えができているものでしょう。

しかし、急な辞令が出ないとも限りません。

経験者の中には、費用を用意立てするのがとても苦しかったと感じている人も意外と多いのです。

急な出費に強いのがキャッシングです。

申込から融資まで1日もかからないところも増えていますし、金利もそれほど高くありません。

ですから、節度を持った使い方をすれば、いざという時の安心感が違います。

消費者金融や銀行と契約し、融資を受けることをキャッシングといいます。

なお、キャッシング枠の付帯したクレジットカードでクレジット会社から借入を行う場合もキャッシングと呼ばれることが多いです。

たくさんの業者がキャッシングサービスを提供していますが、そのうち、消費者金融や信託会社など、銀行以外の業者は「ノンバンク」として、銀行のキャッシングサービスとは区別されます。

なぜなら、銀行のキャッシングと、銀行以外のキャッシング業者とでは、キャッシングに関する法律が変わるからです。

銀行法によって規定されているのが銀行で、それ以外の業者は貸金業法に則って運営されています。

職場への電話連絡(在籍確認)なしに借りられるカードローンはないのかとよく聞かれますが、在籍確認はあって当然と考えたほうがいいでしょう。

もっとも、最近はプライバシーを尊重して、一定の条件のもとで勤務先への電話連絡をしないでくれる会社も何社かあります。

三井住友系のプロミス、三菱系のSMBCモビットといった銀行がバックにある会社の場合、指定銀行に口座を持っていたり、社員証や給与明細など複数の書類を提示することで電話連絡なしで審査できます。

借入金額や個人の条件等によって変わりますので、わからないことはどんどん問合せすると良いでしょう。

日頃の生活だけで手一杯の時に限って友達が海外旅行に誘ってくるというのもあちこちで耳にします。

海外旅行となると、大抵の人ならそれほど縁のあるものではありませんし、行けるときには行きたいものです。

それなら思い切ってキャッシングを使ってみるのもいいかもしれません。

初めてキャッシングでお金を借りるという人には、借りてから30日間は利息を支払わなくて良いキャッシングプランがある会社もあります。

金欠でピンチになってしまったという場合には助けになってくれるキャッシングにてとりあえず現金を貸してもらうのも良いでしょう。

とにかく初めに消費者金融会社などいわゆる貸金業者に申し込み手続きをすることになりますが、たくさんの業者の中でも一押しがアコムです。

テレビやネット等様々な方法でPRをおこなっている大手ですし、「怖そう」「危険」といったイメージを払拭した業者です。

融資まで素早く進めてくれて一日かからないこともありますから、一人で悩まずに相談してみると良いでしょう。

今、利用しているキャッシングの借入限度額を上げたい場合、信用度を上げる必要があります。

もし、これまでの返済が滞りなく済んでいる場合は、返済実績がついて業者から追加融資の提案をされると思います。

仮に、返済遅延したり、借入から時間をおかずに何度も借入した経験があるのなら、限度額は増やしてもらえないでしょう。

信用度が下がっていますから、当然です。

実際に追加融資をするには増額申請をするのですが、この時の電話で仮に断られたとしたら、そこで諦めましょう。

間違っても、しつこく食い下がったり、電話を繰り返してしまうと、場合によっては契約解除され、ブラックリストに名前が載ってしまうでしょう。

カードローンやキャッシングの金利のデータを集めてみると、審査基準の甘さ(厳しさ)と密接に関わっているみたいな気がします。

つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、金利が低かったり、500~800万もの融資が受けられるなどの「スピードに代わる魅力」があるのです。

高利率でもスピード重視、手間ヒマかけて低金利重視。

どちらをとるのも利用者次第ですが、そのときの状況に応じて使い分けるのが良いのではないでしょうか。

普通はキャッシングを利用したら、返済日までに必ず借入れした金額と合わせて利息分を支払わなければならない決まりになっています。

もし一度でも支払いが遅れてしまうと、業者から残りのお金を一括でまとめて支払うように、要求されてもおかしくありません。

なので、どうしても返済出来ない時やお金を用意するのが難しい場合は、業者に前もってその旨を伝えましょう。

きちんと連絡しておけば、急に督促が来たり請求を迫られることもなく、今後の対応について相談することも可能だからです。

キャッシングというフレーズは、いわゆる貸金業者から問題なく返済できるであろうという分の融資を借り出すということを指しているのです。

まず、貸金業者などからの融資を受けるというときには保証人に判を押してもらい、不動産なども担保としなくてはなりません。

それが、キャッシングという方法をとるならば他人に保証してもらったり、自宅を借金のカタにするという強制もありませんから、スムーズに手続きしていくことが可能です。

ごく普通に使用している免許証や保険証などを提示すれば、大半の方が素早くお金を融資してもらうことが可能だと言えます。

>アコムお役立ち情報

\[PR]今すぐ借りるならアコム/

今すぐお金借りるなら↓