アコム審査甘い

\アコムで今すぐ借りるなら!/

トップページ > 栃木県

栃木県アコムをお探しの方へ。栃木県にあるお近くのアコムの店舗や無人契約機で今すぐお金を借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホで事前にネット申込みを済ましておくのが最短の借り方です。

■アコムならすぐ借りれる?

アコムで一番早く借りるならスマホからWEB申込するのがおすすめです。

実はアコムで借りるにはメリットがこんなにたくさんあります。

  • 即日スピード審査OK
  • 最短即日振込OK
  • 30日間金利0円サービス
  • 24時間土日祝日も申込可
  • スマホ申込で来店不要

・・・と、すぐにお金が必要な方に充実したサービスになっています。

「今月は生活費がやばめ…」
「飲み会に誘われたけどお金が…」
「冠婚葬祭で急に出費が…」

などなど、アコムはいろんな場面でのお金がないピンチを救ってくれます。それにアコムはなんといって審査の早さには定評があり、審査最短30分、融資最短1時間が可能となっています。

初回の利用であれば30日間金利0円サービスの実施されていますので、短期間の借入だと銀行カードローンよりもお得に借りられます。

アコムは「安定した収入」があれば、パートやアルバイトの方も申込み可能です。収入のない無職の方や専業主婦の方は利用できませんので注意しましょう。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う業務の縮小により各店舗(有人店舗・自動契約機共に)の営業時間が通常と異なる可能性がありますので、必ず公式HPでご確認をお願いします。

今日お金に困ったら
\アコムカードローン/

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
評価限度額金利
★★★★★800万円まで3.0%~18.0%
  • 24時間365日申込み受付中!
  • 即日融資OK!
  • 30日間金利0円サービスあり!

【最短30分審査・1時間融資可能!】
消費者金融の中でも審査のスピードに定評のあるアコム。審査時間は最短30分、融資まで最短1時間が可能となっています。また、WEB申込みなら24時間365日受付中ですので、忙しくてなかなか窓口に行けない方にもおすすめです。

【30日間無利息サービス】
対象条件(公式より引用)
・アコムでのご契約がはじめてのお客さま
※当社が不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。
※無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります。

アコム借り方のまとめ

結論!カードローンの中でも審査が早くスピーディーに借りれるのがアコム。今日中にお金の必要な方や、はじめてカードローンを利用する方に選ばれています。WEB申込みなら24時間365日受付中ですので、お好きな時間に申込みできます。

栃木県のアコムの借り方Q&A

栃木県ではじめてカードローンを利用する方は審査や手続きに不安を感じることでしょう。 「はじめての~アコム♪」というCMのフレーズでもお馴染みのアコムですが、 少しでも不安が解消できるように、こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にして下さいね。

Q.アコムの審査は勤務先に電話連絡ありますか?

A.はい、勤務先への電話連絡は必ず行われると思っていて下さい。

カードローン審査で一番不安に思うことは、勤務先への電話連絡。これは申込書に書かれた勤務先に本当に勤めているかの確認になります。

ほとんどの方はこの在籍確認の電話を避けたいと思っていますが、電話連絡なしで借りることはほぼできないでしょう。

ですが、アコム側もそこら辺は配慮してくれていますので、電話口で会社名を名乗ることは絶対ありません。

担当者個人の名前で電話がかけられますので、栃木県の勤務先にカードローンに申込みしていることがバレる心配はないでしょう。また、申込者本人が電話口に出られなくても、勤めている確認さえとれればOKとなっています。

それでも心配でしょうがないという人であれば、勤務先にはクレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれないと伝えておけば、全く疑われることはないでしょう。

>>アコム公式サイトへ

Q.アコムの審査に落ちる理由って何ですか?

A.「安定した収入がない」「金融事故を起こしたことがある」方は審査落ちします。

アコムの申込み条件として「年齢が20歳~69歳の方で安定した収入のある方」となっています。 まずはこれをクリアしなければ申込みはできません。審査基準の詳細は公開されていませんので分かりませんが、審査に通らない人の共通点として、

・金融事故を起こしている
・他社借入が多い(他社を含め年収の1/3以上の借入はできません)
・申込みの際、虚偽の申告をしている
・短期間に複数社申込みしている

などがあげられます。どれか1つでもあてはまれば審査に通るのは難しくなりますので注意しましょう。

>>アコム公式サイトへ

Q.アコムの審査に必要な書類はありますか?

A.本人確認書類と場合によっては収入証明書が必要になります。

以下のいずれかを準備しておいて下さい。

●本人確認書類
・運転免許証
・個人番号カード
・健康保険証

※顔写真がない場合や書類の住所と現住所が異なる場合、以下の書類も必要です。
・住民票
・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKのいずれか1つ)
・納税証明書

●収入証明書※
・源泉徴収票
・給与明細書(直近1ヶ月分)
・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)

※アコムでの利用限度額が50万円を超える場合
※アコムの利用限度額と他社借入の合計が100万円を超える場合
※すでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

に必要となります。

Q.アコムはどのような借入・返済方法になっていますか?

A.アコムATM、提携ATM、インターネット、店頭窓口、振込、口座振替の6つから選らべます。

●アコムATM…24時間対応(一部異なる店舗あり)、手数料無料
●提携ATM …コンビニATMは24時間対応(一部異なる店舗あり)、手数料有料
●インターネット…24時間対応、手数料無料
●店頭窓口…平日9時半~18時
●振込…手数料有料
●口座振替…手数料無料

上記の通り、返済方法によって手数料がかかってしまう場合があります。 数回の利用だったらいいかもしれませんが、頻繁に利用するのはもったいない気がします。 なるべく手数料のかからない方法で返済することをおすすめします。

>>アコム公式サイトへ

キャッシングのコラム

利点がたくさんあると思う「カードローンの借り換え」には、選択によってはデメリットが多くなります。

金利の高い業者に借り換えてしまったり、今よりも返済期間を延ばしてしまった場合です。

借り換えたことで、より金利の低いローンに切り換えたとしても、返済の期間を長くしてしまったら、逆に金利を高くしてしまうことだってあるのです。

金利ばかりを気にした借り換えでなくそれぞれの設定項目を見直しましょう。

キャッシング利用から3ヶ月支払いが滞ってしまうと、裁判での手続きを取らざるを得なくなってきます。

という文章の書面が送られてくるのです。

支払いが先延ばしになっても、電話がくるだけなので、つい無視を決め込んで返済を遅らせてしまいます。

しかし、裁判という言葉が書面に踊っていると、怖くて無視を決め込むことなどできはしません。

クレジットカードとは異なる融資を受けるのに使うカードは限度額に達してなくとも、残っている額を買物に充てることはできません。

しかし、クレジットカード付属のキャッシング枠を使えば、借入が現金で利用でき、限度額までの分をショッピングなどに使えます。

クレジットカードのキャッシングはカードローンの利用と信用情報上では同じく、法律により年収の三分の一以上の借入は禁止されています。

キャッシングを提供している会社の中には、平日以外であっても申し込んだ日に融資が可能なところも存在します。

とはいえ、銀行など金融機関は休日ですから、当日中の融資が必要な場合は銀行ではなく無人契約機のあるところへ行かなくてはいけないでしょう。

土日であってもその日に融資してくれる業者を探し出すこと、無人契約機での手続きが時間内に間に合うようになるべく早い時間に申し込みを済ませるのが大事です。

消費者金融からお金を貸してもらいたいと思ったら、いくらまで貸してもらうことができるのか?と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

可能な限り多く貸してもらいたいと思うかもしれませんが、法律に則って1年間の収入の1/3までしか借入をすることができないことになっています。

キャッシングに限りませんが、借り入れた額が多くなるほど返済期間は長期化し、利息の支払いも多くなるのです。

利息額の負担を軽くするためには、もし可能ならば繰り上げ返済という手段の利用が賢明です。

毎月の返済金額はあらかじめ決まっていますが、設定金額以上を返済していけば、借金の返済期間の短縮も可能となり、利息の負担を軽減できます。

何を重視しカードローンを選ぶかは千差万別であるといえるでしょう。

真っ先に思い当たるのは金利かと思われますが、借入や返済のとき付近に手数料が要らないATMはあるか、または、返済日には支払いが出来るよう給料日の後に調整するなど実用性に優れているだとか使い勝手を優先したりと選び方は様々です。

かかる金利のことばかりに気を取られ、自分にとって使いづらいカードローンだったと思わないように各業者を比較し選ぶようにしましょう。

キャッシング契約の際は、希望限度額もポイントになります。

借入限度額が50万円以下なら、運転免許証で本人確認出来れば 契約できるのがその理由です。

しかし、利用限度額が50万円を超える額だったり、他社借入額と合算して100万円を超すと、所得証明を提出することになり、事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。

キャッシングはローンとよく似ていて混同して使用している人もいますが、本当は別物です。

キャッシングとローンの異なる点を説明します。

キャッシングは借入金を翌月の返済期日に一回で返します。

ローンは借りたお金を数回に分割して相手に返していきます。

給料が入るまでの一時しのぎなどにキャッシングを使うことが多いです。

社会的に、無職とは毎月のお給料があるわけでありませんが、独身でなければ銀行系のキャッシングなら審査をパスできると思います。

しかし、パートナーに安定収入があることは絶対条件です。

それに、ご自身が会社員の場合と比べると、借入限度額が低くなります。

なお、最近人気が高いのが家族カードを使ったキャッシングです。

無職であっても配偶者のクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、家族カードに付帯しているキャッシング枠の範囲内でお金を引き出すことができるでしょう。

あるいは、年金で生活しているという人はキャッシング利用可能な対象になります。

>栃木県の方向けアコムお役立ち情報

\今すぐ借りるならアコム/

栃木県で今すぐお金借りるなら↓