アコム審査甘い

\アコムで今すぐ借りるなら!/

トップページ > 長野県

長野県アコムをお探しの方へ。長野県にあるお近くのアコムの店舗や無人契約機で今すぐお金を借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホで事前にネット申込みを済ましておくのが最短の借り方です。

■アコムならすぐ借りれる?

アコムで一番早く借りるならスマホからWEB申込するのがおすすめです。

実はアコムで借りるにはメリットがこんなにたくさんあります。

  • 即日スピード審査OK
  • 最短即日振込OK
  • 30日間金利0円サービス
  • 24時間土日祝日も申込可
  • スマホ申込で来店不要

・・・と、すぐにお金が必要な方に充実したサービスになっています。

「今月は生活費がやばめ…」
「飲み会に誘われたけどお金が…」
「冠婚葬祭で急に出費が…」

などなど、アコムはいろんな場面でのお金がないピンチを救ってくれます。それにアコムはなんといって審査の早さには定評があり、審査最短30分、融資最短1時間が可能となっています。

初回の利用であれば30日間金利0円サービスの実施されていますので、短期間の借入だと銀行カードローンよりもお得に借りられます。

アコムは「安定した収入」があれば、パートやアルバイトの方も申込み可能です。収入のない無職の方や専業主婦の方は利用できませんので注意しましょう。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う業務の縮小により各店舗(有人店舗・自動契約機共に)の営業時間が通常と異なる可能性がありますので、必ず公式HPでご確認をお願いします。

今日お金に困ったら
\アコムカードローン/

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
評価限度額金利
★★★★★800万円まで3.0%~18.0%
  • 24時間365日申込み受付中!
  • 即日融資OK!
  • 30日間金利0円サービスあり!

【最短30分審査・1時間融資可能!】
消費者金融の中でも審査のスピードに定評のあるアコム。審査時間は最短30分、融資まで最短1時間が可能となっています。また、WEB申込みなら24時間365日受付中ですので、忙しくてなかなか窓口に行けない方にもおすすめです。

【30日間無利息サービス】
対象条件(公式より引用)
・アコムでのご契約がはじめてのお客さま
※当社が不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。
※無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります。

アコム借り方のまとめ

結論!カードローンの中でも審査が早くスピーディーに借りれるのがアコム。今日中にお金の必要な方や、はじめてカードローンを利用する方に選ばれています。WEB申込みなら24時間365日受付中ですので、お好きな時間に申込みできます。

長野県のアコムの借り方Q&A

長野県ではじめてカードローンを利用する方は審査や手続きに不安を感じることでしょう。 「はじめての~アコム♪」というCMのフレーズでもお馴染みのアコムですが、 少しでも不安が解消できるように、こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にして下さいね。

Q.アコムの審査は勤務先に電話連絡ありますか?

A.はい、勤務先への電話連絡は必ず行われると思っていて下さい。

カードローン審査で一番不安に思うことは、勤務先への電話連絡。これは申込書に書かれた勤務先に本当に勤めているかの確認になります。

ほとんどの方はこの在籍確認の電話を避けたいと思っていますが、電話連絡なしで借りることはほぼできないでしょう。

ですが、アコム側もそこら辺は配慮してくれていますので、電話口で会社名を名乗ることは絶対ありません。

担当者個人の名前で電話がかけられますので、長野県の勤務先にカードローンに申込みしていることがバレる心配はないでしょう。また、申込者本人が電話口に出られなくても、勤めている確認さえとれればOKとなっています。

それでも心配でしょうがないという人であれば、勤務先にはクレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれないと伝えておけば、全く疑われることはないでしょう。

>>アコム公式サイトへ

Q.アコムの審査に落ちる理由って何ですか?

A.「安定した収入がない」「金融事故を起こしたことがある」方は審査落ちします。

アコムの申込み条件として「年齢が20歳~69歳の方で安定した収入のある方」となっています。 まずはこれをクリアしなければ申込みはできません。審査基準の詳細は公開されていませんので分かりませんが、審査に通らない人の共通点として、

・金融事故を起こしている
・他社借入が多い(他社を含め年収の1/3以上の借入はできません)
・申込みの際、虚偽の申告をしている
・短期間に複数社申込みしている

などがあげられます。どれか1つでもあてはまれば審査に通るのは難しくなりますので注意しましょう。

>>アコム公式サイトへ

Q.アコムの審査に必要な書類はありますか?

A.本人確認書類と場合によっては収入証明書が必要になります。

以下のいずれかを準備しておいて下さい。

●本人確認書類
・運転免許証
・個人番号カード
・健康保険証

※顔写真がない場合や書類の住所と現住所が異なる場合、以下の書類も必要です。
・住民票
・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKのいずれか1つ)
・納税証明書

●収入証明書※
・源泉徴収票
・給与明細書(直近1ヶ月分)
・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)

※アコムでの利用限度額が50万円を超える場合
※アコムの利用限度額と他社借入の合計が100万円を超える場合
※すでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

に必要となります。

Q.アコムはどのような借入・返済方法になっていますか?

A.アコムATM、提携ATM、インターネット、店頭窓口、振込、口座振替の6つから選らべます。

●アコムATM…24時間対応(一部異なる店舗あり)、手数料無料
●提携ATM …コンビニATMは24時間対応(一部異なる店舗あり)、手数料有料
●インターネット…24時間対応、手数料無料
●店頭窓口…平日9時半~18時
●振込…手数料有料
●口座振替…手数料無料

上記の通り、返済方法によって手数料がかかってしまう場合があります。 数回の利用だったらいいかもしれませんが、頻繁に利用するのはもったいない気がします。 なるべく手数料のかからない方法で返済することをおすすめします。

>>アコム公式サイトへ

キャッシングのコラム

キャッシングの融資にかかる年率を見ていくと、提出書類や所要時間の多寡(多い、少ない)に応じた設定であるみたいな気がします。

この論理で言うと、即日、何分、スピードの嬉しい3点セットは利率が高いということになります。

逆に、提出書類が多かったり、審査日数がかかる(といっても数日程度)金融機関では、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。

高利率でもスピード重視、手間ヒマかけて低金利重視。

どちらをとるのも利用者次第ですが、上手に使い分ければだいぶトクすることができると思います。

条件を比較したサイトなども多いですよ。

なにもカードローンに限りませんが、お金を借りようと思ったときに、貸す側が何より気にすることと言えば、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。

ですので、住宅ローンの審査の段階でカードローンでお金を借りている場合には、現実的に住宅ローンを返せるのか、あるいはそのような能力があるのか、という点を見ると不利になると言わざるを得ません。

既にキャッシング業者と契約していて他の業者に新規契約の申込をしても、条件次第では審査通過が難しくなることも多いです。

借入が増えるほど契約成立は難しくなるでしょう。

おそらく、総量規制(借入金額の合計が年収の3分の1までとされること)に引っ掛かったことが要因ですが、それ以外にも、契約した業者が多ければ多いほど、返済できなくなる恐れがあるということで、評価が厳しくなっています。

借りたいときにすぐに融資を受けられるカードローンは増加しています。

休日も利用できる消費者金融では、審査が21時までに終われば融資をその日のうちに受けられるでしょう。

ただ、高額な金額の借入を希望すると、審査の時間が長引き、その日のうちの融資がかなわない場合もあるでしょう。

当日中の融資が希望である場合は、希望額は極力低く設定する事が重要です。

大抵の人は、ある程度の出費に対する準備はしていると思います。

それでも困った経験は多かれ少なかれ、ありますよね。

そんな間の悪い出費をフォローしてくれるのがキャッシングです。

昔の派手なCMの代わりに、いまは健康的な女性タレントの登場も増え、利率や会社の特長もわかって、初心者でも安心して利用できるようになりました。

もしものときに、手続きで手間取らないよう、自分の使っている銀行系を調べたり、即日対応の消費者金融系などの会社をチェックして、カード(無料)を作っておけば、いいですね。

借入金の返し方には様々な方法が存在しますが、店頭での支払い以外に口座から自動的に引き落としてもらう方法、銀行振り込みを使用する方法、キャッシング会社やコンビニなどに設置されているATMでも振込みできます。

あまり知られていない方法としては現金書留でも支払いできますが、最も多い方法は現金自動預け払い機で支払う方法です。

以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。

2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、取り急ぎ、過払い金が発生していなかったか確認してください。

過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれ、違法な金利で支払った利息を指します。

元本の額によっても少し変わりますが、年利が20パーセントを超えていた場合は、間違いなく過払い金が発生しているでしょう。

業者には返済に応じる義務がありますから、請求すれば取り戻せるでしょう。

ですが、請求できる期間は完済後10年となっていますから、対象者は早急に請求手続きを取りましょう。

キャッシング初心者の方は間違えやすいのですが、無人契約機とATMとは目的が異なります。

無人契約機というと、すべて機械で済ませられるような印象を受けますが、手続きや審査をしているのは別の場所にいるオペレーターです。

オペレーターはカメラに映る申請者の顔や態度などに不審点がないか見ていますし、向こうから質問してくることもあるでしょう。

時々、無人契約機は窓口に比べて審査が甘いと考える人もいますが、全くそんなことはありませんし、嘘や誤魔化しは通用しないでしょう。

当然ですが、カードローンは無料ではないので、金利が発生するのです。

業者によって金利は異なりますが、多くの場合、融資額が大きければ金利も下がる傾向にあります。

金利にはある程度の幅がありますが、借入額が少ない時は、上限金利による取引が行われるようです。

それに、この金利は日割りで発生します。

個人的な意見ですが、よく世間で言う借金に対する負のイメージ(遊興・自堕落・生活苦)などは、ちょっとおかしいように感じます。

滞納と借金のイメージを完全に同一視しているのではないでしょうか。

若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で必要な額を必要なときにだけ借りるのなら、不健全なものだとは思えません。

借金を奨励はしませんし、収入に応じた冷静な判断が必要ですが、金融業界としても積極的なイメージアップを図り、こうした人たちに向けた新しいプランを提供していく姿勢が大事だと思います。

それは、今後はこのような人たちが社会のボリュームゾーンになると思うからです。

>長野県の方向けアコムお役立ち情報

\今すぐ借りるならアコム/

長野県で今すぐお金借りるなら↓